その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「村は大きなパイつくり」 クレスウェル/猪熊葉子訳 | main | 「開拓時代の生活図鑑」/バーバラ・グリーンウッド へザー・コリンズ >>

こんな本を読んだ

とうとう1月は一度も更新できませんでした。

感想を書いていないけれど読んだ本たち。

ジウII/誉田哲也
ナイチンゲールの沈黙/海堂尊
メイン・ディッシュ/北森鴻
決断(警察小説競作)/佐々木譲、柴田よしき、横山秀夫、他
鼓動(警察小説競作)/今野敏、大沢在昌、乃南アサ、他
文章探偵/草上仁
蛍坂/北森鴻
TVJ/五十嵐貴久
くうねるところすむところ/平安寿子
聖者は海に還る/山田宗樹
山賊の娘ローニャ/リンドグレーン
ミステリーファンのための警察学読本/斉藤直隆
二重標的/今野敏
虚構の殺人者/今野敏
硝子の殺人者/今野敏
神南署安積班/今野敏


ついに我慢できず、初期の安積班シリーズを購入してしまった。非常に満足。
今野作品以外も、どれもそれなりに楽しめ、最近は「はずれ」にはあまり当たっていない。
「決断」収録の柴田よしき作品は、「RIKO」シリーズや「聖なる黒夜」の麻生の短編で、シリーズファンなら必読。
なんだ、麻生って(ネタバレ反転)もともとホモだったんじゃん。

徐々に感想もアップしていきたいんだけど・・・。

メモ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

山田宗樹「聖者は海に還る」
私も読んだ本リスト(手帳)に書いているのに内容が思い出せない・・(汗。どんなだったっけー。
最近、こんなんが多いです。
ひろぽん | 2007/02/09 7:50 PM
とある療法にこだわる医師が、危険思想のある少年に
催眠を施して・・・その少年はオトナになって、
医師のあとを継ぐようなポジションにいる。
事件のあった学校のスクールカウンセラーとなり
そこの保険教諭と愛し合うようになるんだけど
自分に逆らったことを許せなかった医師が
催眠を解いてしまって・・・・というような話。

かなり救いがないと思いました。
びー玉 | 2007/02/10 1:46 PM
こんばんは。五十嵐貴久です。ちなみに本物です。
「TVJ」感想ありがとうございました。
さて、そんな五十嵐ですが、ミステリーも書いておりまして、つい先日出しましたのが、「シャーロック・ホームズと賢者の石」というタイトルの本です。なかなかユニークな出来だと自負しておりますので、よろしかったらお読みください。光文社、カッパノベルスより、ただいま絶賛発売中でーす。では、五十嵐でした。
五十嵐貴久 | 2007/06/21 9:54 PM
五十嵐貴久さま
コメントありがとうございます。
別名でやっているブログの方にも、以前「交渉人」のコメントをいただきました。
生意気なことを書いていたにも関わらず、それに対してちゃんと感想を書いていただいたので嬉しかったです。
今回こちらでは「TVJ」の感想は書いてませんが(苦笑)
また新作が出たのですね。
宣伝でも、ご本人からのコメントは嬉しいものです。
びー玉 | 2007/06/22 11:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/126
この記事に対するトラックバック