その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「果断―隠蔽捜査2」 今野敏 | main | 「イラスト図解 十五少年漂流記」 >>

夏休み。

帰省中は自由にネットができなかった上、こんなに読書しなかったことは過去になかったなぁ・・・というくらい、本を読まなかった。
何をしていたんだろう。
のんびりだらだらして、あとは久しぶりにピアノにはまっていました。

ここしばらくで読んだのは、帰省直前に図書館から予約がまわってきた、「警察庁から来た男」(佐々木譲)、帰省の道中で読む用だった、「警視庁心理捜査官」(黒崎視音)、そして今週再読フェア?な「十五少年漂流記」「二年間の休暇」(ヴェルヌ)。

「警察庁から来た男」は楽しみにしていただけあって、面白かった。
ただ終わりのあのアッサリさは好みじゃなかったなぁ。
描き方?ストーリーが、とか結末が、とかじゃなくて。
文章が?
うーん、うまくいえないけど、ちょっと肩透かし。
でもやっぱり面白かった。
ただ返却してすぐ帰省したので、感想を書けなくて残念。

「警視庁心理捜査官」も面白かったけど、同じ作者なら「六機の特殊」の方が好み。
主人公の女性心理捜査官が、警察内や捜査本部内で虐げられているのを読むのが、少々つらかったので。

「十五少年漂流記」は、旺文社の金子博訳を再読したら止まらなくなって、福音館の「二年間の休暇」朝倉剛訳に突入してしまった。
最近図解本が出たようなので、注文しようか迷っているところ。
それと、別の完訳も欲しくなったきた。
ただ私にとって「ドニファン」は「ドノバン」じゃ嫌なので、「ドニファン」訳を探しているのだけれど、ネットではよく分からない・・・・。
新潮社のは「ドノバン」ぽいな。
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。
メモ | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

警察モノ、ハマっていますね〜。
検察官ばりの視点で読んでるんじゃないの〜(笑。
私もこの夏は、あまり本を読めませんでした。←当然?
ただ、家にある古典の本を引っ張り出して、はまりつつあります・・。

ピアノにハマっていた、
って素敵ね〜♪
ひろぽん | 2007/09/13 11:14 AM
>ひろぽんさま
警察モノ、ハマってる・・・というより、「好き」なんで
ずっとこの調子で読むと思います(笑)

古典の本、って?
古典って、古典〜?!古文??
詩歌はイケるけど、古文はいかん・・・無理っす。

ピアノ、もうずっと調律もしていない、調子っぱずれなピアノ
なんだけど、普段弾けない分張り切って弾いてました。
コンパクトな電子ピアノの購入を検討中です♪
(どこの置くのかという問題が・・・・)
びー玉 | 2007/09/14 10:03 PM
警察モノ、「好き」なのね〜(笑。

一時期、万葉集やら落窪物語だとか、そういうものにハマり、恐ろしくも原文の本を買って持っています。先に現代語訳を読んで頭にはいっているので、言葉回しを読んで楽しむ・・という程度ですが、なかなか面白いです。
近代小説は実はとても苦手で名作とよばれるものもあまりよんでいないので、読破していきたいなぁ・・。オススメってある?

電子ピアノ、最近は安くでいいものが出ているようですね。
オット様の部屋が空いているのでは・・(笑。←鬼発言?
ひろぽん | 2007/09/16 1:17 PM
>ひろぽんさま
近代ものでオススメって・・・・恐ろしいことを質問なさるわね(爆)
正直、あのへんのものを「面白い」と思ったことはないので(←爆弾発言?!)
オススメできません、ごめんなさい。
ただ、私も今になって読破したいという気持ちがあることはあります・・・多分しないけど。
古風な感じの小説で好きなのは、立原正秋の「残りの雪」と「春の鐘」です。

古典といえば、百人一首だけは本を買って一時期かなり解説など読みました。
でも忘れるねえ、やっぱり。
原文だけってのは・・・・無理そうです(汗)

オット、家具は持って行っていないので、家具は何一つ減っていないの。
寝室と子ども部屋を兼ねている4畳半に置くしかありません。
学習机は買わずに、電子ピアノにしようかと思ってます。
びー玉 | 2007/09/17 11:56 PM
電子ピアノ!←本の話じゃなくてこっちに反応(笑)
ウチの滅多に物をねだらないコドモが欲しがっています。
でも私も夫も弾けないし,コドモだってそのうち飽きるかもしれないし,
置くところがないし高価(これが一番の問題)。
ぷんぷいさんはピアノ弾けるんですよねー,うらやましい。
お子さんも弾いてますか?
きょうこ | 2007/09/18 8:53 PM
>きょうこさま
うちのお子さんも弾きたくて弾きたくて仕方ないのです。
鍵盤ハーモニカでプップカプップカ吹いているのが不憫で(笑)
ピアノを習っている子に園で教えてもらっているのか
ねこふんじゃったなど両手で弾きます。
夏休み中にねだられて、実家にて赤バイエルを教えました。
「おかーさん怒っちゃうから教えたくない」と言ったら
「怒ってもいいから教えて」と。
うちの親が「あんなに怒られてもやめるって言わないなんて・・・
ほんとに習いたいんだよ」と同情していました(笑)
不憫じゃのう。
きょうこさんちのコドモくんも、かなりハマっているご様子ですね。
拝見する限りじゃ、相当のハマりようにお見受けします。
びー玉 | 2007/09/18 11:52 PM
「二年間の休暇(上・下)完訳版」偕成社 大友徳明/訳が
ドニファン,モコでした。

コドモ,確かに夏休み中はかなりハマっていましたが,
今は少し落ち着いてきたように見えます。
赤バイエルって,「ドドドド ドドドド ドレドレ ドレミレ……」みたいなのが
延々並んでいる楽譜のことでしょうか?
そういえばコドモもピアノ教室でちょっぴり弾いています。
でも,すぐに気が散って違う曲を弾いたりしてます(笑)
きょうこ | 2007/09/20 10:19 PM
>きょうこさま
びー玉です(笑)
偕成社のもあるんですね。
スクーナーも、スルギ号・スラウギ号・サルキー号といろいろです。

昔バイエルは上下巻で、上が赤・下が黄色だったのです。
私はバイエルしてないんだけど。
で、「ドレドレドー」(楽譜は2小節で繰り返し記号があるので4小節)とか
「ドレミレドー」とか「ドレミドレミドー」とか延々と並んでます。
ムスメはある程度弾けるので、いきなり3ページくらい
(1ページ5種類くらいある)やりました。
右が数ページ続いてから左になるので
飛ばして左を練習させたら難しいようでした。
注意する箇所が多すぎて、困ります。
先生ってどうやって教えているんだろう。
びー玉 | 2007/09/24 10:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/161
この記事に対するトラックバック