その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「さよなら妖精 」 米澤穂信 | main | 小学校の読み聞かせ >>

「ぼくのメジャースプーン 」 辻村深月

JUGEMテーマ:読書

私にとって、今年上半期衝撃度No.2の作品。
実は、「さよなら妖精」の前にこれを読み、衝撃度1位だとその時は思った。
そして続けて「さよなら妖精」を読み、入れ替わってしまった。
でも多分、こっちを後から読んだら、これが1位だったと思う。

泣きました。
後味は、いいです。

出版社 / 著者からの内容紹介
「ぼく」は小学四年生。不思議な力を持っている。忌まわしいあの事件が起きたのは、今から三ヵ月前。「ぼく」の小学校で飼っていたうさぎが、何者かによって殺された……。大好きだったうさぎたちの無残な死体を目撃してしまった「ぼく」の幼なじみ・ふみちゃんは、ショックのあまりに全ての感情を封じ込めたまま、今もなお登校拒否を続けている。笑わないあの子を助け出したい「ぼく」は、自分と同じ力を持つ「先生」のもとへと通い、うさぎ殺しの犯人に与える罰の重さを計り始める。「ぼく」が最後に選んだ答え、そして正義の行方とは!?

このあらすじ、本によっては「あんまりだ・・・」というものも多々ある。
ポイントがずれていたり、そういう解釈?と疑問に感じたり。
でもこれに関しては、すごくいいと思う。

冒頭、ふみちゃんというのがどんな子なのか、「ぼく」との関係などが淡々と述べられる。
それから、「ぼく」が自分の「力」を知った、小学2年生の時の出来事が語られる。
「ぼく」が持つ力。
相手を縛る、魔法をかける力。声。
「もし『何か』をしなければ、『ひどいこと』が起きる」
お母さんの血筋の、何人かに一人が持つ不思議な力。
「ぼく」はそれを知らずに、ふみちゃんに使った・・・・らしい。
二度とその力は使わないと、お母さんと約束する「ぼく」。

そして4年生になり、事件は起こった。
その日、うさぎ当番だった僕は熱を出し、ふみちゃんに代わりを頼む。
ふみちゃんはうさぎ小屋に行き、惨殺されたうさぎ達を発見する。
犯人は発見者の反応を見るためにその場におり、動画でふみちゃんを撮影してネットに公開した。

ふみちゃんは心を閉ざし、学校に来なくなった。

犯人の医大生は関係者に謝罪したいと言い出し、「ぼく」は望んで彼と会うことになる。
「力」を使うつもりだと気づいたお母さんは、親戚で一人だけ、同じ「力」を持つ「先生」と「ぼく」を引き合わせる。
犯人と会うまでの1週間、「ぼく」は先生のもとで、「力」について勉強することになる。

犯人、市川雄太につぐないをさせたい「ぼく」。
市川雄太は何も失わないままだ。
つぐないとは何か。
二度と同じことをしてほしくないし、自分がやったことがどれだけひどいことだったのか、しっかりわかって欲しい。
けれどそれは難しい。
力を使って「反省しなさい、でないと刑務所へ入る」と言ったとしても、相手の性格・性質までを歪めることはできない。
反省しようと努めるだろうが、彼自身が自分からそうしたことではない。
やはり「何も失わない」まま。

先生は「ダブルバインド」という方法を教えてくれる。
条件と罰、どちらを選択しても同じ結果になること。

先生と「ぼく」の勉強は続く。
蚊を殺すのは残酷ではないのか。
蜘蛛は、ネズミは、・・・うさぎは。
食べるために殺すことは。
では市川雄太が、食べるためにウサギを殺すとしたら許せるのか。

正直、小学4年生にここまで理解して、議論することができるのか疑問だ。
けれど、そこに至るまでの「ぼく」の追い詰められた気持ちを感じることができるので、「あり得ない」とも言い切れない、言いたくない気持ちになる。

先生は小学4年生の雄太に、全力で接していると思う。
「現実」のどうしようもなさまで、伝えていく。
「どうしようもない悪というものは、いつまでも悪のままです。あきらめて、割り切ることができないなら、罰を与えたいなんて思うべきではありません」

市川雄太に「力」を使うのか、使わないのか。
正しいとか正しくないとか、きちんとした答えのある問題ではない。

「ぼく」の出した答え。
そこにたどり着くまで、どんなに考え続けただろう。

「せんせい、人間は身勝手で、絶対に、誰か他人のために泣いたりできないんだって本当ですか」
本当なら、あの日のうさぎ当番は「ぼく」だった。
声を失い、感情がなくなってしまうのは、「ぼく」のはずだったのに。

「ぼく」をつらさを分かっているつもりで読み進めていた。
でも、「ぼく」を本当に苦しめていた部分には気付いていなかった。
ただふみちゃんのことが好き、というだけではなく、もっともっと「ぼく」は責任を感じて押しつぶされそうになっていたのだ。

「ぼく」は先生に頼む。
あの「力」を自分に使ってくれるように。
「ふみちゃんにしたことを、ずっと、ずっと、いつまでも覚えていなければならないって。そうでなければ、忘れた途端に、ぼくは死ぬって」
「覚えていたいんですね?」
「いつか、忘れるよ。ぼくもみんなみたいに、忘れて笑う日がくる。傷ついて、どこかに行っちゃったふみちゃんを、ぼくは、ぼくだけは待ってなきゃダメなんです」


なんていい子なんだろう。
読んでいて、私まで胸が苦しくなった。
先生が近くにいて、よかったなぁ。
気持ちを吐き出せて、よかった。

一緒につらい気持ちになって、苦しくなって、泣いて、そして最後は救いのある終わりで、本当によかった。
ただ、市川雄太のような人間は、確かにいると思う。
事件が起きた後の、ネットで起きた騒動(犯人の画像公開や人物特定、被害者の画像公開や勝手な盛り上がり)も、リアルだ。
とにかく考えさせられる。
胸がいっぱいだ。


ブックレビュー | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

初めまして、あちこち飛んでたらたどり着きました。
読書量とレビュー、すごいですね
この夏読む本を探していたので、参考にさせてもらいます
希望峰 | 2008/07/13 6:48 PM
はじめまして、こんな辺境の地へようこそ。
コメントありがとうございます。
参考になりましたが?
私はミステリと児童書ばっかりなので、
好みによるでしょうね・・・・。
びー玉 | 2008/07/15 11:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/172
この記事に対するトラックバック