その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「いぬうえくんのおきゃくさま」 きたやま ようこ | main | 「魔法の庭 」 イタロ・カルヴィーノ >>

「スプートニクの恋人」 村上春樹

JUGEMテーマ:小説全般

おそらく初めてちゃんと読んでみた村上春樹作品。
(もしかしたら『風の歌をきけ』を読んでいるかも)
これだけ本を読むのにこの人の作品を読まないというのも変かな、とチャレンジしてみた。
うーん、だけど、こういうはっきりした起承転結のない、雰囲気で語る話は苦手かも。
登場人物にも、誰一人として感情移入できなかったし。
血が通ってない人たちみたい。
なんで主人公がすみれを好きなのか、あまり心に響いてこなかった。
体温の低そうな男性だなぁ、と感じた。

内容(「BOOK」データベースより)
22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。そして勢いをひとつまみもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼きつくし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかのエキゾチックな城塞都市をまるごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。みごとに記念碑的な恋だった。恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。更につけ加えるなら、女性だった。それがすべてのものごとが始まった場所であり、(ほとんど)すべてのものごとが終わった場所だった。とても奇妙な、ミステリアスな、この世のものとは思えない、書き下ろし長篇小説。

そんなに激しい恋ですか?
村上春樹の筆致って、全然激しさはないと思うんだけど。

すみれの心の中で、ミュウはそれだけの激しさを持って存在していたのかもしれない。
だけど出会って、一緒に仕事をするようになって、旅行に行って・・・という流れの中に、そんなに激しさを感じさせる記述ってなかったように思うよ?

そして最後にまた現れたすみれ。
全然その突然の登場について現実的な説明はない。
ただ、再び主人公の前に現れた。
そのことだけが大切で、この小説を成り立たせている。
・・・・んだろうけど、私はわかりやすい説明を求めてしまうタイプなのだった。

ただこれで村上春樹をあきらめてしまう気持ちはないので、他にも挑戦します。
初心者?におすすめな、わかりやすいストーリーはないのでしょうか。
ブックレビュー | permalink | comments(4) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

そうよねー、起承転結のない、雰囲気で語る話ですよねぇ。
それに、血が通ってないだの、
体温が低いだの、うまくいうねぇ!私はこういわれるとそうだそうだ!と思うけれど、上手に表現できません。
だけど、なぜか登場人物のひとりひとりに、部分的に共感できて好きです。
すみれの激しい恋なんかは、特によくわかりました。
そうよそうよ、そんな感じだったわと。
色気ゼロな私にそんな激しい恋?とおそらく私を知るみなさんは思われるだろうけれど、顔面骨折な彼女にそれくらい夢中だったことがありました。
ママン | 2008/11/28 10:18 PM
>ママンさま
えっえ〜っ!?
そんな衝撃発言をさらっと!?
「彼女」に夢中だったの???
いやー、ママンらしいといえば、ママンらしいかも?
そんなに夢中になったという、例の顔面骨折の彼女に興味津々です・・・。
ちなみに私は全く共感する部分がありませんでしたことよ。
激しい恋はしたけど(笑)、春樹さんの書く激しい恋、には共感できない。
ってか、結局すみれの恋って激しかったの?どこが?
びー玉 | 2008/12/01 12:08 AM
衝撃発言よね(笑)私もドキドキ。
今でこそ、とっても普通の女友達ですが
二十歳の頃、それまでの私の価値観をすべてぶちこわして
新しい価値観を作らせてくれました。
それこそ、洋服のセンスや音楽のこのみ、生き方の哲学すべて。
そういった意味で、すみれも激しい恋をしたんじゃないかなー。と勝手に共感しているわけです。
以前、パパに彼女のことをそういう風に説明したことがありましたが
「そんなん、だれでもそういうもんちゃうん?」と共感されず。(笑)
「彼女」はそれでもやっぱり魅力的だなぁと未だに思います。
ママン | 2008/12/08 7:10 PM
>ママンさま
大学時代って、やっぱり感受性が豊かというか、
いろんなことに敏感というか、影響を受けるよね。
それだけ吸い込めるって若さだな・・・・。
なんだか想像だけですが、想いをはせてしまいました。
ママンちゃんの女子大生時代。
すみれの恋愛には共感できなかったけど、ママンの
言ってることはなんとなく分かるような気がします。
ママンもとっても魅力的よ♪
びー玉 | 2008/12/09 9:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/184
この記事に対するトラックバック
アイスクリームをセブンイレブンで大人買いしちゃいました。結構高い中心で・・・ ...
村上春樹に関する記事 | 村上春樹が気になりませんか? | 2008/11/16 7:17 AM
村上春樹 『スプートニクの恋人』 ■本文より■ 22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。 … 外見に限って語るならすみれの母親は、ごく控えめに表現して「印象の
スプートニクの恋人 | 川口のりよ詩集 | 2008/12/10 10:37 PM