その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「まめだまめまめだみつまめだ 」 山下明生 | main | 「しゃっくりがいこつ」 マージェリー・カイラー作 S.D.シンドラー絵 >>

「ばけばけ町へおひっこし 」 たごもりのりこ


1年生のクラスに読み聞かせ。
やっぱり1年生はかわいいなぁ。
ずっと避けてきた我がムスメのクラスだが、とうとう読みに行くことになった。
知っている子もだいぶいて、皆きゃあきゃあ言ってくっついてくる。熱烈大歓迎ハート大小
いつまでこうしてお迎えしてくれるのかしら。

読んだ本は2冊。
「ばけばけ町へおひっこし」と「しゃっくりがいこつ」。

内容(「BOOK」データベースより)
けんちゃんとおとうさん、おかあさんは、ばけばけ町へおひっこしすることになりました。ところが、この町はちょっとへんてこな町なんです…ふしぎいっぱいの、たのしい絵本。


お引越ししてみたら、家がない!
隣のねこたさん(ほんとに猫)が、「でかけていきましたよ」。
そこでけんちゃんは家を探しにいく。
家はね、引越しでみんな疲れただろうからと、お夕飯の買い物に出かけていたの!

じっくり絵を見ると、いろいろな発見がある。
町の地図のページに、各ページに描かれていたものたちが細かく描き込まれている。
読み聞かせもいいけど、できれば手にとってじっくり読んで欲しい絵本かも。


だいぶ私自身が読み聞かせに慣れてきて、しかもムスメのクラスで大歓迎され、リラックスしてできたと思う。
最初に絵本を出したら、
「あ、読んだことある!」という声があがったけど、他の読み聞かせの方のブログなどを拝見していたので、慌てないで
「面白かった?じゃあ思い出して聞いてね」
と返すことができた。
読み終わった後に、交番の貼り紙にあったおサイフたろうと逃げたお金が、商店街のここを走ってるよ、とかちょっとお話したり。

アットホームな雰囲気で楽しかった。
続いて「しゃっくりがいこつ」は、また別記事にて。

読み聞かせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/190
この記事に対するトラックバック