その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 2008年おすすめ小説ベスト3を大募集!ということで | main | マニアの会話 >>

「はいけい、たべちゃうぞ」 作・福島サトル 絵・はらだゆうこ

福島 サトル,はらだ ゆうこ
BL出版
---
(2004-12)

2年生へ読み聞かせ。
このクラスはとっても真面目な雰囲気で、ものすごく集中してくれるけど、クスリとも笑わない・・・という印象。

このところ、読み聞かせは私の間違い続き。
前々回、違うクラスに入ってしまった。
今回は次の日だと当日朝まで勘違いしていて、大慌てで支度して出てきた。
おまけにスケジュールには隣のクラスを書いてるし、確認したのに3年生の教室に行ってしまうし。
ドキドキして教室へ行くと、子ども達はパッと顔を明るくして、周囲に集まってきてくれた。
1年生みたいにキャーキャーしてないけど、好感触。

読む前に、
「拝啓って言葉は知ってる?」と聞いてみた。
すると「知ってるー」っとほぼ全員から返事が。
反応の薄いクラスだと思っていたけど、そんなこともないのかな?
内容(「BOOK」データベースより)
山のうえの湖のほとりに引越してきた、ぶたのズーフは、やっぱり、さみしいので、手紙をやりとりする相手を待ちます。そこへあらわれたのは、正体がよくわからない相手です。やりとりをするうちに、ズーフはとんでもない目にあうような予感がして…。大阪国際児童文学館主催、日産自動車協賛、第20回ニッサン童話と絵本のグランプリ童話部門最優秀賞作品。


ブタのズーフは体が弱いみたい。
町での生活に疲れて、湖のほとりの家に引っ越してきた。
「友だち募集」の貼り紙をしたところ、手紙が届いたのだけれど
手紙にはなんと「返事をくれないとたべちゃうぞ」とあって・・・

手紙の内容はお話なんだけど、オオカミがぶたを食べるようなストーリーなのね。
びっくりしたズーフは、お話の続きを書いてまた手紙を出すの。
家のまわりに柵を作りましたと書いて、実際に作ったり
あまりおいしくないと説明したり。
そのたびに、オオカミはまだあきらないという内容の返事がまた来る。
とうとう逃げ出そうとしたズーフだけれど、結局逃げるのはやめて、今までとはちょっと違う内容のお話を書いて手紙を出してみた。
すると今度の返事には「返事をくれないと食べちゃうぞ」が書いてなかった。
それでも、返事を書くズーフ。
さてこの2匹の関係はどうなるのでしょう・・・。


読み聞かせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/193
この記事に対するトラックバック