その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< コメント・トラックバックについて | main | 「3びきのかわいいオオカミ」 トリザビス・文/オクセンバリー・絵 >>

「私立探偵・麻生龍太郎」 柴田よしき

柴田 よしき
角川グループパブリッシング
¥ 1,890
(2009-02-28)

JUGEMテーマ:読書
私は読むはしから内容を忘れてしまうことが多々あり、そのおかげでミステリだって何度も楽しめるお得な体質だ。
けれど、間を空けてシリーズ物を読むと、はてな?と思うことばかりで楽しめないというオチがついている。
そんなわけで「私立探偵・麻生龍太郎」は、首をかしげなが読むことに。 


内容(「BOOK」データベースより)
春日組大幹部の殺害事件が解決した後、警察を辞めた麻生龍太郎。彼は私立探偵として新たな道を歩み始めた。麻生は、裏社会で生きようとする美貌の男・山内練に対して引き起こした罪を背負い、全てを捧げることを誓う。その麻生の想いに呼応するかのように、今日も人々の切実な依頼と事件が次々と舞い込んでくる…。傑作の呼び声高い『聖なる黒夜』の“その後”を描いた麻生と山内の物語がついに明らかに。そして警察小説の金字塔「RIKO」シリーズ『聖母の深き淵』『月神の浅き夢』へとつながる心揺さぶる連作ミステリ。


時系列的には
 所轄刑事・麻生龍太郎
 聖なる黒夜
 私立探偵・麻生龍太郎
 聖母(マドンナ)の深き淵
 月神(ダイアナ)の浅き夢
となるようです。

「所轄刑事・・・」の時には、大学時代から続いていた及川との関係の終焉が仄めかされていた。
そして今度の「私立探偵・・・・」では、練との。
「所轄刑事・・・」ラスト近くで感じさせられる、麻生の破滅への予感は、今度はそれほど感じない。
その代わり、お互い相手を想いながらも近づけない練との関係が、切ない。


あんたのその、ものぐささって、けっこう人を傷つけるんじゃない?あんたはただ面倒なだけなのかも知れないけど、なあ、恋愛ってのは対等なもんだろ?少なくとも、俺とあんたとは、対等なんだろ?違うの?

これってつまり、練は傷ついている。そういうこと。
それを伝えたってことは、練にしてみれば、すごく心を開いてるってことなのに。
でも龍太郎はそこまで思い至っていない。
二人は『恋愛』してるのに。
二人ともそれを認めて自覚してるのに。

お互い愛し合っていても、相容れない関係ってあるんだな。
きっと龍太郎と練はそんな二人。


という感じに、ミステリの内容ではなく、龍太郎と練の関係についてのみ、思い巡らせてしまいました。
シリーズファンなら、こういう読み方をしてしまうでしょう。
事件の方は、相変わらず嫌ーな感じの話です。

+ TB  +
つなさん 「日常&読んだ本log」
ブックレビュー | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ミステリを何度でも楽しめる。
私もです。笑
クリスティとか、何度でも楽しめてしまいます。
(途中でうっすら、この人、犯人?と思う程度)

龍太郎と練はねえ。
ほんと先が決まってるから、仕方ないっちゃ仕方ないんですが。
今回は練が可哀想でしたねえ。
ここで龍太郎が思い切っていればなぁ。
あまりに煮え切らない龍太郎だけど、「聖母」とか「月神」では、意外と情熱的だったりするんですよね。
その情熱をここで出していれば!、と思ってしまいます。
つな | 2009/06/24 12:02 AM
>つなさん
そうそう、うっすらとこの人だっけ?って思うんですよね(笑)。
お得だと思います。

せっかく警察辞めたのにさ、龍太郎も変なプライドがあるんでしょうね。
だったらその才能を警察で活かしていけばよかったのに。
中途半端ですね。覚悟が足りない!と歯がゆかったです。
「聖母」と「月神」の龍太郎も、忘却の彼方なので
もう一度読んで、「つなさんが言ってたのはこういうことか!」
と思いたいです(笑)。
びー玉 | 2009/06/24 9:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/214
この記事に対するトラックバック
私立探偵・麻生龍太郎(2009/02/28)柴田 よしき商品詳細を見る 夜の埠頭(?)に佇む二人の男性。ちょっといやーんな感じですが、RIKOシリーズのス...
「私立探偵・麻生龍太郎」/龍太郎、出直しの一歩 | 日常&読んだ本log | 2009/06/23 10:56 PM