その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「3びきのかわいいオオカミ」 トリザビス・文/オクセンバリー・絵 | main | 「塩の街」 有川浩 >>

「うさぎのおいしい食べ方」 きむらゆういち・文

 
内容(「BOOK」データベースより)
うさぎをつかまえたからって、すぐに食べられるとはかぎらない。おおかみとうさぎのおもしろくて、ちょっとなさけないおはなし。

「あらしのよるに」のきむらゆういちの作。

うさぎをつかまえたゴンノスケ。
なんとうさぎは「いいわよ、たべて」と言うではありませんか。
おいしく食べるために、うさぎを太らせることにするゴンノスケ。
毎日せっせとにんじんやキャベツを運び、うさぎはどんどん太っていき、ゴンノスケはやせ細っていきます・・・・・。
家の前に畑まで作り、うさぎを太らせようとするゴンノスケ。
とうとうゴンノスケはふらふらになって、倒れてしまいます。
そしてうさぎは・・・・・。

ちょっぴりビターな味わいなので、中学年以上がいいのではないでしょうか。
読むのに15分弱、かかります。
4年生に読んだら、男子が「うさぎ、こえ〜・・・」とつぶやいてました。

読み聞かせ | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

はじめまして。実はと言ってアレですが、書籍購入の際にはレビューを参考にさせて頂いております。

以前から小説レビューに特化したブログを模索しておりまして、事後報告ではありますが勝手にLINK張らせていただきました。

相変わらず雑多な内容のブログですので、不適切であれば削除いたしますのが今回は大目に見てやってください(笑)

よろしくです!
tig | 2009/06/23 6:43 PM
以前、同じシリーズの「うさぎなんて食べたくない」を図書館で借りてきたところ、コドモが喜んで読んでおりました。(例によってどれくらい理解しているのかは不明ですが)(シリーズの他の本は未読)
しかし本当に「うさぎこえ〜」な内容でした。女性不信になりそうな。
小4ぐらいになれば、この怖さが分かるワケですね(笑)
きょうこ | 2009/06/23 11:48 PM
>tigさん
LINKありがとうございます。
びー玉 | 2009/06/24 9:18 PM
>きょうちゃん
「テツガクうさぎに気をつけろ」も読みましたが、
ちょっと小学生には難しい気がしました。
だって「哲学」って言葉を知らないだろうし。
他も読んでみたいです。
毎回このうさぎにいいようにされちゃうのかな。
楽しみです(笑)。
びー玉 | 2009/06/24 9:21 PM
知り合いに頼まれて個人的に外国語に翻訳してみましたけれども、
初めて読んだ時はなかなか賢いウサギだなぁとだけ
考えましたのですが、その知り合いさんに「これ、
男女の話しにすればなかなかこわいそうよ」といわれてから、
翻訳し始めたら、さすが、なかなか書き進まずペンが
とまっちゃいますね。最初、表紙を見て「あれ、男性二人組」と
不思議そうに思ったのがなんとなく淋しくなっちゃいますね。
もともと、ウサギには名前もついてないのはある意味では敵意の
表しかしら。。
ジョン | 2009/10/24 3:24 AM
>ジョンさま
おお、確かに男女の話と思うと、違った怖さが・・・?
そして、オオカミには「ゴンノスケ」という名前があるのに
ウサギは確かに「ウサギ」ですねぇ。
なんか奥が深そうです。
びー玉 | 2009/11/14 12:53 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/216
この記事に対するトラックバック