その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「うさぎのおいしい食べ方」 きむらゆういち・文 | main | 「キサトア」 小路幸也 >>

「塩の街」 有川浩

有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-06)

JUGEMテーマ:読書
 
出版社 / 著者からの内容紹介
 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。男の名は秋庭、少女の名は真奈。静かに暮らす二人の前を、さまざまな人々が行き過ぎる。あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは浅ましく。それを見送りながら、二人の中で何かが変わり始めていた……。
 第10回電撃大賞<大賞>受賞作にて有川浩のデビュー作でもある『塩の街』が、本編大幅改稿、番外編短編四篇を加えた大ボリュームでハードカバー単行本として刊行される。

デビュー作から、もう有川浩テイスト全開だったのだなぁ。
世界観は、新井素子『ひとめあなたに・・・』や、伊坂幸太郎『終末のフール』的な感じ。
塩は街を飲み込むだけではなく、人をも蝕んでいた。
肌から塩を吹き始めると、近いうちに人間も塩の結晶となってしまう。

設定をうまくいかしたストーリー展開に、もちろんベタベタなラブストーリーが絡んでいく。
図書館戦争に通じていく部分は、あちこちに感じられる。

面白かったし、番外編やその後など、読み応えは充分。
でもなぜか、細かく感想を書く気持ちになれなかった。
なので今回はここまで。
読んで損はないです。
ブックレビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/217
この記事に対するトラックバック