その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「キサトア」 小路幸也 | main | 「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 >>

読んだ本を挙げておこう。

JUGEMテーマ:読書
8月から体調が悪く、ずっと読書がすすみませんでした。
どうやら復調してきて、書く元気も出てきました。

読んだけど感想を書いてなかった本、そして最近読んだ本など。
夏休み以降、読んだ本をちゃんと記録しなかったので、もうちょっと読んでますね。
でもほとんどは夏休み前に読んでいたけど、感想は書いていなかっただけのようです。
読み聞かせ用の本を探して、いろいろ読んでいたようです。



「そこへ届くのは僕たちの声」/小路幸也
 ちょっと恩田陸テイスト。面白いが、設定が若干不自然でご都合主義に思えた。惜しい。

「シナの五にんきょうだい」/絵・ヴィーセル 文・ビショップ
 懐かしい。今読むと、一番上の兄さんのエピソードで、兄さんの顔面白すぎ。そして村人怖すぎ。

「ぎんのたまごのほん」/マーガレット・ワイズ・ブラウン

「ふたごのベルとバル」/絵・ラースロー 作・エーヴァ

「えほんをよんで、ローリーポーリー」/絵・ロジャ 作・シャルトラン

「あけるな」/絵・安野光雅 作・谷川俊太郎

「チキチキチキチキ いそいでいそいで」/絵・荒井良二 文・角野栄子

「ドワーフじいさんのいえづくり」/青山邦彦

「雨ふる本屋」/日向理恵子
 YA。設定は面白かった。

「死体は生きている」/上野正彦

「大どろぼうホッツェンプロッツ」/プロイスラー
 たいして本好きではないムスメ(小2)に読み聞かせてみた。

「ちょんまげとのさま」/遠山繁年

「こねこにこにこ ねどこでねころぶ」/絵・藤枝リュウジ 文・石津ちひろ
 リサとガスパールの翻訳をしている石津さんの書く早口言葉の本。私は好き〜。

「こわくなんかないっ!」/ジョナサン・アレン
 かわいいです。「かわいくなんかないっ」の続編でした。

「すっぽんぽんのすけ」/絵・荒井良二 作・もとしたいづみ

「ちゃんとたべなさい」/絵・シャラット 文・グレイ
 1年生に読み聞かせたら、途中から全員で大合唱に。いい体験でした。

「シチュエーションパズルの攻防」/竹内真
 竹内さんってこんなのも書くのか。ちょっと読むのがしんどい。サクサク進めない。

「残される者たちへ」/小路幸也
 久保寺健彦「みなさんさようなら」のような巨大団地・・半分くらい廃墟化しているところまで同じ・・が舞台。テイストは恩田陸の常野シリーズ。
 小路さんは好きで何冊も読んだ。ミステリフロンティアから何冊か出してるけど、本来こっちのSFファンタジーの人なんだろうな。
 作風は広く、男性版恩田陸といったイメージ(あくまで私の中でのイメージですよ)。
 ストーリーの着地点は、恩田陸よりノーマルなので安心できるかも。

「劫尽童女」/恩田陸
 設定はジュブナイルっぽい。内容は結構ハード。理瀬シリーズとも似てる。

「ふくろうくん」/アーノルド・ローベル

「もうぜったいうさちゃんってよばないで」/ソロタレフ

「おばけやしきへようこそ」/絵・エリクソン 作・ストリード

「じゅうにんのちいさなミイラっこ」/絵・カラス 文・イエーツ

「ぼくのコブタは、いいこでわるいこ」/絵・ヤンカリーノ 文・ブラウン

「か(丸の中に、か)ってなんだ?」/絵・あべまれこ 作・おのやすこ

「むかしのはなし」/三浦しをん
 昔話を下敷きにした、SFテイスト日常系(なんじゃそりゃ)。
 伊坂幸太郎「終末のフール」みたいに、隕石がぶつかるというシチュエーション。どうやら近未来。

「ガブリエリザちゃん」/作・H.A.レイ 訳・今江祥智

「世界一ばかなわたしのネコ」/パシュレ
 どこからどう見てもゾウなのに、ネコだと言い張る飼い主。
 読み聞かせに持って行って、小学生が楽しんでくれるかどうか。まだ挑戦できない。

「楽園のつくり方」/笹生陽子

「吉原手引草」/松井今朝子
 直木賞受賞作。なるほど、でしたが、ものすごく惹きこまれるところまでは。

「東京バンドワゴン」/小路幸也
 これは恩田陸系ではなくて、ほんわか系。面白かった。

「夕子ちゃんの近道」/長嶋有
 三島賞受賞作品。私の好みは「ジャージの二人」の方かな。でも読みやすいと思う。

「贄の夜会」/香納諒一
 明らかに『神戸児童連続殺傷事件』を基にしたとわかる事件が出てくる。その事件の犯人少年Aが、現在弁護士になっている・・・というインパクト大のエピソード。
 けれどそれはこの小説のメインではない。
 いろんなエピソードがあり、ちょっと絞りきれてない感じがもったいない。ただ、読み始めたら一気に
最後までいってしまえるだろう。

「今夜は食べほうだい」/絵・山下ケンジ 作・きむらゆういち
 オオカミゴンノスケシリーズ。「うさぎのおいしい食べ方」の方が面白かった。

「ラン」/森絵都
 初・森絵都。陸上ものかと思ったら、一応走りはするけど冥界へ行ってしまうという。
 結構ストーリーは入り組んでいるので、もう少しすっきりまとめてもいいかなと思った。

「阪急電車」/有川浩
 連作短編。恋愛もの。
 登場人物のミサにイライラしてしまった。ミサがいなければ、もっと楽しめたなぁ。

「うつくしい子ども」/石田衣良
 読まず嫌いだった石田衣良に挑戦。
 これもまた、『神戸児童連続殺傷事件』をモデルにしている。
 辻村深月「ぼくのメジャースプーン」を薄く軽くした感じ?この読みやすさが人気の秘訣なのか。私はもう少し深くて重い方が好み。
 ちょっと不完全燃焼でした。

「東京バンドワゴン シー・ラブズ・ユー」/小路幸也
 登場人物の二人が、一緒に妊娠してほぼ同時に産気づいて出産、っていうのは余計だったのでは。ちょっと興醒め。

「医学のたまご」/海堂尊
 児童書カテゴリだった。ちょっとイタくて斜め読み。中学生の精神状態は分からない。

「戸村飯店青春100連発」/瀬尾まい子
 Re−Bornに収録されていたのが一話目。弟目線の話だったが、こちらには兄目線の話もある。
 読み通すと私には兄の方が印象に残り、兄が主役のような気分に。
 よかったです。「図書館の神様」より好み。

「絵本の本」/中村柾子
 ためになった。けど実名で、「ノンタン」とか、木村裕一の「いないいないばああそび」とか批判してました。

「みどりの船」/クエンティン・ブレイク

「世界あちこちゆかいな家めぐり」/絵 西山晶 文,写真・小松義夫

「空へ向かう花」/小路幸也

「モーニング Mourning」/小路幸也
 これは別途感想書きます。

「星の人」/水森サトリ

「夜の光」/坂木司

「残りの雪」/立原正秋(所有本を再読)

「春の鐘」/立原正秋(所有本を再読)

「解体諸因」/西澤保彦(所有本を再読)

「花ホテル」/平岩弓枝(所有本を再読)

「最前線」/今野敏(所有本を再読)

「神南署安積班」/今野敏(所有本を再読)

「ブラザー・サン シスター・ムーン」/恩田陸

「イノセント・ゲリラの祝祭」/海堂尊
 
挙げる | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

神南署安積班、ちょうど読んだばっかりです!
臨海署復活するぞ〜という前ふりなんですね、これは。
新聞記者の山口友紀子が大変ウザかったです(笑)
村雨はかわいかったです。
きょうこ | 2009/11/14 10:49 PM
たくさん読んでいますね!
読み聞かせのために「知っている本」じゃなく、あらたに
たくさん読むという姿勢が、私にはないなぁと思いました。
中村柾子さんの本、私も読みました。「ノンタン」や「いないいない・・・」を
批判しているところ、私にも印象的でした。
子どもにものすごく人気がある(わが子もどちらもすき)本だけに
大胆だなぁとびっくりしたりして。
私は中村さんと同じように感じるので、はっきりと書いてあるのは気持ちよいとおもったけれど・・・今読むとまたちがうかな?
ママン | 2009/11/16 2:45 PM
>きょうちゃん
記事で挙げた以外にも、手持ちの安積班シリーズは全て再読したので
ちょっと「神南署安積班」の内容が浮かばないわ・・・。
臨海署復活の前フリはあったね。
そして記者の山口友紀子は確かにウザかったね(笑)
ドラマにも登場してたな、安めぐみで。
村雨のエピソードは・・・なんだったっけ???
びー玉 | 2009/11/16 11:09 PM
>ママンさま
首が悪くなって、全然図書館にも行かず、読書もしてないと
思っていたけど、それ以前に読んだはいいけど感想を
書いていない本が多すぎました。
(タイトル・作者などのメモはしていた)
図書館に行かない間も、首をかばいつつ、所有本を
再読していたので、実はもっと読んでますね。
でも子どもの本は短いので、時間的にはたいしたことないです。

読み聞かせは全学年に行くので、知ってる本だけで
回すのは逆に難しいよ?
時間の制約もあるし、読むからには楽しんでもらいたいという
下心もあるわけで。
でもその辺は人によるだろうな。
読み聞かせメンバーでも、適当に下読みもせずに
本を選んで当日ぶっつけで読んでるような人もいます。

中村さんの本は参考になったし、面白かったけど、
ノンタンの本に対する言い切りは、ちょっと気になったかな。
本って、そんな一方向からだけ見て判断しなくてもいいんじゃない?
と思ったりもしました。
びー玉 | 2009/11/16 11:14 PM
「神南署安積班」は短編集でした。
その中の『部下』という話で、桜井が手柄を立てたのが嬉しくて、
飲み会ではしゃぐ村雨がかわいかったなーと。

話題の中村さんの本、ちょっと気になります。
図書館で探してみようかな?
きょうこ | 2009/11/17 12:06 PM
>きょうちゃん
基本的に安積班モノは、短編が好きです。
桜井が手柄をたてた話ね!
「桜井が、こう、相手にタックルを・・・」と何度も同じ話しちゃうんだよね。
で、安積がほほぅって感じで村雨を・・・(笑)
あんまり安積が村雨を意識するので、私もなんだか
安積班の中では村雨が気になります。

中村さんの本、図書館にはおいてそう。
読んでみて〜。
びー玉 | 2009/11/18 12:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/220
この記事に対するトラックバック