その傍で本を読むのは

読んだ本の感想とか、小学校での読み聞かせのこととか。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 最近読んだ本 | main | 「家なき子 中」 エクトル・マロ/山内義雄訳 >>

「ひみつの海」 アーサー・ランサム

ひみつの海
ひみつの海
アーサー・ランサム, 神宮 輝夫

ワタシ的評価:★★★★★

前作「海へ出るつもりじゃなかった」の続きにあたる本作。
脳震盪を起こしたジム・ブラディングは家で休むため、おばさんに連れ去られていた。
ウォーカー一家は休暇中のおとうさんも一緒に、ジムが貸してくれた鬼号に乗り込み、内海と未知の島々の地図を作る探検に出かける予定だった。
しかし海軍大臣からの呼び出しで、おとうさんの休暇はなくなってしまう。
落ち込んでいる時に、アマゾン海賊・ナンシイとペギイからカードが届く。
中には「ばんざい三百万唱」の手旗信号の絵だけ。
翌朝おとうさんから、「兄妹たちだけで探検をやってみないか」と話がある。
鬼号でおとうさんが皆をキャンプ地まで連れて行き、そこに「捨て置き」するというのだ。
今度は末っ子の「船の赤ちゃん」ブリジットも一緒だ。もちろん「船の子ネコ」シンドバッドも。

キャンプ2日目の朝、近くの土人から「野蛮人」がいることを聞く。
早速皆で探検と測量を始めたところ、泥地に巨大な足跡を発見する。
「マストドン(ゾウの一種)に違いない」というティティ。
キャンプ地に戻ると、怪しげな手彫りの棒が地面に突き立ててあった。
犯人らしき少年を追いかけると、彼がマストドンだった。

マストドンから彼ら野蛮人たちは「ウナギ族」という名前だと聞く。
ウォーカー兄妹はマストドンをガイドとして、測量を続けることにする。
そんな時、おとうさんから連絡を受けていたアマゾン海賊の二人が合流する。
皆で「秘密群島探検隊−S・A・E」を結成。血盟する。
ところがウナギ族の仲間から、マストドンに手紙が届いて状況は一変してしまう。
「彼らを追い出せ」と書かれた手紙に、マストドンは血盟したことを後悔するのだった・・・・。


今までの物語と何が違うって、湖水地方じゃないところで、ウォーカー兄妹とアマゾン海賊が一緒に探検をするってこと。
湖水地方だと、アマゾン海賊の地元になるわけで、どうしても冒険の主導権はナンシイが握ることになる。
そう、私のご贔屓ジョンの影が薄くなってしまうのだ。
今回はナンシイ自身も
むろん、ここは、おたふくかぜでねているときでも、わたしが毎日思うとおりにさしずした北部の湖とはちがうんだわ。
と思っている。
ナンシイは戦争したがる。でもジョンとスーザンはおとうさんと計画したとおりに地図を完成させたいのだ。
そこで一旦妥協したナンシイだけど、もちろんそのまま引っ込む彼女ではない。
野蛮人のお祭りの際には、ウナギ族に混じって大暴れ!
期待とおりの活躍。

さて、今回初めて末っ子のブリジットも参加を許される。
ますますスーザンが土人的になってしまうわけだ。
それでティティとロジャの無鉄砲なところが治るかというと、そんなにすぐ性格が変わるわけもなく、今回もやってくれます。
かなり危機一髪的状況に陥ってしまう。
でも今までとちょっと違うのは、ブリジットも一緒だったため、ロジャですらちょっとお兄さんっぽくなってること。
けどその危機的状況を本当に理解していたのかはちょっと疑問。
うーん、ロジャって何歳なんだろう?

この事件のため、ジョンがすごくやりたがっていて、北西航路の探検をしそびれてしまった。
しかもおとうさんが明日の朝9時に迎えに来ると言う。
ナンシイたちに頼んでいた箇所も、野蛮人たちのお祭りの準備をこっそりしていたせいで、未踏査のまま。
かなりがっかりするジョン。

・・・・でもこのままでは終わらない。
自分たちのためではなくて、ジョンのために一肌脱ぐのは、ティティ・ロジャ、ナンシイ・ペギイ。
この辺の「仲間感」がたまらなくいい。

そして、案外あっけない感じで冒険は終了してしまうのだけれど、なんでおとうさんはこんなに急に迎えに来たんだろう?
次回作以降で説明されるのかな?

このお話の楽しかったところは、お約束の表紙裏の地図。
初めはストーリーが気になって、あまり地図を見ずにどんどん読み進めてしまったのだけれど、見比べて読むと面白ーい。
なんだかワクワクする。
2度目はもっと面白い。
星の数4つと5つで迷ったけど、2度目に地図を見つつ読んで面白かったので、5つです!
ブックレビュー | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

うんうん、地図はランサム作品になくてはならないものだけれど、特に「ひみつの海」は地図が「キモ」ですよね!!
ちなみに、「海出る」でスーザンに自己投影してしまって楽しめなかった友人は、「ひみつの海」で十分リハビリできたらしいです。
ブリジーも一緒で、「のほほん度」はけっこう高いですからね。
かおる | 2006/08/19 2:18 PM
いつもより、より重要な地図でしたよね。
私はリアルでも地図好きなので(笑)、あういうの、よかったです〜。
土人の祭りとか、ある意味やりたい放題的で楽しく読めますよね。
ティティとロジャ(とブリジー)が危機的状況に陥るのはいつものこととして(笑)
びー玉 | 2006/08/19 9:06 PM
ロジャはこの時9歳ぐらいですかね?9〜10歳?
ろぉずまりぃ | 2015/08/07 6:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sobahon.jugem.jp/trackback/75
この記事に対するトラックバック